魚速タックルDB

【並木敏成】宮崎県岩瀬ダム オリカネ虫タックル

【並木敏成】宮崎県岩瀬ダム オリカネ虫タックル
オーナー
並木敏成
SNS
TW
カテゴリー
バス釣り
対象魚
ブラックバス
釣り場
岩瀬ダム | 宮崎県
ロッド
スティーズ キングボルト(DAIWA)
リール
ルビアス 2506H(DAIWA)
ライン
キャストアウェイPE 20lb(SUNLINE)
ルアー
オリカネ虫(O.S.P)
出典
Osprey’s EYE

関連釣具情報

オリカネムシ | O.S.P
オリカネ虫は、OSマニアックに追求&進化させ、門外不出にしていた秘密の虫である。圧倒的に釣れる秘密は、「ハイプレッシャーに強いスモールシルエットでありながら抜群の集魚力」「虫ルアーにスレたバスであっても騙してしまう極めてエサ的な存在感」「スナッグレス性に優れつつもフッキングが良い」ことにある。カップ型ヘッドが発する甘いポップ音とスプラッシュは、本来、シルエットの小さい虫ルアーではバスに気づいてもらえなかったカバーの奥や、一段深いレンジからもバスを引っ張り出す。
オリカネムシ Daddy | O.S.P
オリカネ虫ダディは、オリジナルモデルで追求した釣り勝つための性能である、『ポップ音&スプラッシュによる抜群の集魚力』と『浮かせておくだけでもバイトを得られる極めてエサ的な存在感』、そして『スナッグレス性能と高いフッキング率の両立』を継承。ボリュームアップさせたことでアピール力とデカバス誘発力をさらに高めたハイポテンシャル仕様である。自重がオリジナルモデルの1ベイトフィネスタックルで快適にキャストできることで、ライトラインではラインブレイクのリスクが高かったカバーの奥まで大胆に攻め込める。虫系ワームのウィークポイントである飛距離においてアドバンテージを獲得した。
スティーズレーシングデザイン(スピニングモデル) | DAIWA
イン(スピニングモデル)究極感度でしか獲れない魚は存在するあの名機で覚醒したアングラーに捧ぐ現代テクノロジーのダイワバスロッド最高傑作『Ultimate(=究極)』とは、まさにこのモデルのことを呼ぶ。高感度の限界は我々が想像する以上に、まだまだ遥か先に存在していたことを知る。一歩先、いや十歩先を走る未来のバスフィッシングロッド。もはや何者も追い付くことができない、いや、周回遅れを続出させるF1マシン。DAIWAは当時のフラッグシップシリーズ・バトラーに飽き足らず、さらなる格上にランクする“リミテッド”(=BA-LTD)と呼ぶシリーズを世に送り出したことをご存知だろうか。当時のバス業界における高弾性カーボンレースから頭一つ抜けた存在が魅せたのは、まさしくキャッチフレーズ通りの驚くべき感度と圧倒的な軽量感であったのは言うまでもない。まるで金属!!」赤羽修弥「従来より軽いリグが同じ感覚で操作できてしまう…」国内バスフィッシング草創期から活躍するリビングレジェンド・泉和摩らを第1世代とすれば、BA-LTDが発表された2000年代初頭に30歳の大台を超えるか超えないかにいたのが第2世代に属するのが彼ら。かつてBA-LTDの薫陶を受けてきた彼らだが、それにも増して驚きを隠すことはできなかったようだ。テクノロジー:ナノプラス/X45/3DX/エアセンサーシート(スリムフィット)適合ルアー::…
スティーズレーシングデザイン(ベイトキャスティングモデル) | DAIWA
シングデザイン(ベイトキャスティングモデル)=20204デビュー=20201デビュー究極感度でしか獲れない魚は存在するあの名機で覚醒したアングラーに捧ぐ現代テクノロジーのダイワバスロッド最高傑作『Ultimate(=究極)』とは、まさにこのモデルのことを呼ぶ。高感度の限界は我々が想像する以上に、まだまだ遥か先に存在していたことを知る。もはや何者も追い付くことができない、いや、周回遅れを続出させるF1マシン。それが『』というプロダクトデザインの極致だ。DAIWAは当時のフラッグシップシリーズ・バトラーに飽き足らず、さらなる格上にランクする“リミテッド”(=BA-LTD)と呼ぶシリーズを世に送り出したことをご存知だろうか。【ESS/AGS(エアガイドシステム)/Xナノプラス/X45/3DX/エアセンサーシート(ダブルトリガー)】【適合ルアー:ネコリグ/ワッキーリグ/ワッキージグヘッドリグ/スモールラバージグ/ダウンショットリグ/ノーシンカーリグ】:ベイトフィネスの進化がまたさらに加速「持ったとき、グリップとリールだけしか感じない。「水中の情報を何より正確かつダイレクトに伝えるこの能力は一度体験したら、もう離れることはできない」―かつてBA-LTDモデルを主軸に07オールスタークラシックを圧倒的スコアで征した橋本卓哉は、さらなる超絶感度を身に付けたに早くも執着を見せている。極端なテー…
スティーズ(スピニングモデル) | DAIWA
を突き進む。ゲームはナマモノ、重圧は糧として消化。最高峰、15年目のフルモデルチェンジ無限の可能性“X”が綴るSTEEZの真実弾性率レースはもはや過去の遺物極減樹脂量こそがブランクの“筋肉”今井亮介「は高弾性を示すテクノロジーではないことをまずは断言しておきたい」DAIWAバスロッド開発の司令塔、ロッドデザイナーの今井亮介はこう語り始める。カーボンシートの弾性率は『t(=トン)』が示す数字と共に高弾性化を示し、より硬くより軽くなることで感度を稼ぎ出すものと捉えられるのが一般的だった。「レジンと呼ぶ樹脂量の差がカーボンシートの性質を決める。DAIWAはカーボン繊維が密になる度合いを段階的に名付けた」レジンを削いだカーボン繊維は、いわばアスリートの筋肉へと近付ける。・・・ST陸のフィネスを司る新たなる守護神年々ハイプレッシャー化し続けるメジャーフィールドのオカッパリで釣り勝つ為の要素を凝縮し、スピニングタックルで扱うライトリグを1本でこなすことはもとより、バーサタイル性を兼ね備えたフィネスバーサタイル、それが、SCファイヤーフラッシュ。コンパイルXのチューブラーティップは軽量高感度である反面、強いティップが故に昨今の疑い喰いの弱いバイトを深いバイトには出来ず、強いティップだからこそスタックを躱す反面、小さな凹凸を感じにくいという部分があった。※ナノプラス・・・カーボン繊維を取りまと…
スティーズ(ベイトキャスティングモデル) | DAIWA
図になき道を突き進む。ギラついた眼差しを抑えて挑み、拓いた先に訪れるのは忘我熱狂、新たな地平。最高峰、15年目のフルモデルチェンジ無限の可能性“X”が綴るSTEEZの真実弾性率レースはもはや過去の遺物極減樹脂量こそがブランクの“筋肉”今井亮介「は高弾性を示すテクノロジーではないことをまずは断言しておきたい」DAIWAバスロッド開発の司令塔、ロッドデザイナーの今井亮介はこう語り始める。カーボンシートの弾性率は『t(=トン)』が示す数字と共に高弾性化を示し、より硬くより軽くなることで感度を稼ぎ出すものと捉えられるのが一般的だった。攻撃力を高める新型アングラーとロッド、直接の接点となるリールシートにもメスを入れ、21STEEZは攻撃の手を緩めない。ソリッドティップのベイトフィネスとなると喰わせ重視の柔軟なソリッドを想像させるが、ハーミットのソリッドティップは高弾性かつスティッフなソリッドティップを採用することで喰い込みとは一線を画した仕上がりとなっている。嘗てはタイニープラグといえばパラボリックに曲がるレギュラーテーパーのカーボンロッドという選択肢もあったが、その手のロッドは投げやすい反面ティップが硬く、タイトなルアーの動きを妨げ、バイト時に魚が反転する(ロッドが曲がりこむ)前にバレるケースやバットまで曲がりこむ分、主導権を握られたり重量級ルアーへの対応力に難があった。ヘビーワイヤー…
ルビアス | DAIWA
グに最大径のタフデジギアを封入する。ボディとローターの隙間に磁性を持つオイルの壁を作ることで海水や埃などの侵入をシャットアウトする防水構造。もちろんその中には過って水に落としてしまうなどで発生するケースもあるが、そのような場合を除き、マグシールド化されたリールの回転異音発生率は大幅に低下している。つまりマグシールドの防塵・防水能力が非常に高いレベルにあることを証明しているのだ。その特性を活かすためには緩めのドラグ設定が有効。フッキングの際には強く効きながらも、魚の引きに対しては常にドラグを効かせることのできるこの設定は大型魚であっても必要以上に暴れさせることなくランディングに持ち込む。ZAIONエアローターラインローラー部の軽量化、および回転軸に対し均等な重量配分がしにくいスピニングリールのベール構造を徹底的に解析し、適正な配分を計算。高剛性かつ軽量、さらに金属と異なり腐食に強いという理想的な特性を活かしてリールの主要部品に採用されている。水や異物の浸入経路であるストッパーを取り去るという決断により、軽量化や防水性能のアップはもとより、LUVIASというシリーズに求められる過酷な環境下や大物とのやり取りにおいての突然のトラブルに見舞われる不運を最小限に抑える。ボディは20LUVIASシリーズで最も軽量な小型ボディを採用し、またオリジナルモデルではステンレスを使用したハンドルシャ…
ルビアス エアリティ | DAIWA
モデル除く)=202102デビューQDを除くLT2500〜4000-Cサイズ=2021小さなボディに150以上ものパーツを組み込むスピニングリールでも、その効果は絶大。ビスを固定するためのスペースが不要となることで、ボディ寸法に対するドライブギアのサイズを極限まで拡大。ラインローラー部の軽量化、および回転軸に対し均等な重量配分がしにくいスピニングリールのベール構造を徹底的に解析し、適正な配分を計算。極限の環境下で釣りを行うアングラーは、いかなる環境下でもリールにはその性能を維持することを求める。2010年に発表したこの画期的な技術は、発表以来ラインローラーへの搭載・ボールベアリングへの搭載と深化しつづけ、今やDAIWAリールにとって、アングラーにとって、必須のテクノロジーになろうとしている。フッキングの際には強く効きながらも、魚の引きに対しては常にドラグを効かせることのできるこの設定は大型魚であっても必要以上に暴れさせることなくランディングに持ち込む。水や異物の浸入経路であるストッパーを取り去るという決断により、軽量化や防水性能のアップはもとより、というシリーズに求められる過酷な環境下や大物とのやり取りにおいての突然のトラブルに見舞われる不運を最小限に抑える。精密マシンカットによる縦穴デザインを採用。
ブラックバス
FacebookTwitterLINEURL
今日の釣果情報ランキング
埋め込む

埋め込みウィジェット

iframeタグが制限なく使える環境下でのみ動作します(アメブロなどのブログサービスでは使えない場合が多いようです)。

<iframe style="width: 775px;max-width: 100%;height: 477px;border: none;overflow: scroll;" src="https://tackledb.uosoku.com/embed/tackle?id=569" loading="lazy"></iframe>

画像をダウンロード

画像を直接利用する場合は必ず出典を明示するようお願いしますURLをコピー

画像を保存

HTML(画像)

<a href='https://tackledb.uosoku.com/'><picture><source type='image/webp' srcset='https://tackledb.uosoku.com/public/generatedimages/2021-12/569.webp'><img src='https://images.uosoku.com/public/generatedimages/2021-12/569.jpeg' width='360px' height='475px' loading='lazy' style='max-width: 100%;height:auto;border: thin rgb(215 211 211) solid;'></picture></a>

HTML(文付き)

htmlの改変は可ですが当サイトへのリンクを削除するのは禁止とします。

<div style='display: flex; flex-wrap: wrap;justify-content: center;align-items: flex-start;'><a href='https://tackledb.uosoku.com/'><picture><source type='image/webp' srcset='https://tackledb.uosoku.com/public/generatedimages/2021-12/569.webp'><img src='https://images.uosoku.com/public/generatedimages/2021-12/569.jpeg' width='360px' height='475px' loading='lazy' style='max-width: 100%;height:auto;border: thin rgb(215 211 211) solid;'></picture></a><div style='border: thin rgb(215 211 211) solid;max-width: 100%;'><dl style='text-align: center;margin: 0;width: 360px;max-width: 100%;'><dt style='margin: 0;font-weight: bold;font-size: 0.8rem;background-color:#f5f5f5;'>オーナー</dt><dd style='margin: 0;font-size: 0.8rem;padding:0.2rem;'><a href='https://tackledb.uosoku.com/collection?aid=88'>並木敏成</a></dd><dt style='margin: 0;font-weight: bold;font-size: 0.8rem;background-color:#f5f5f5;'>SNS</dt><dd style='margin: 0;font-size: 0.8rem;padding:0.2rem;'><a target='_blank' rel='noopener' href='https://twitter.com/TNamikiOfficial' style='padding:0.2rem 0.4rem;border-radius: 3px;margin-right: 0.4rem; color: #fff;font-weight: bold; font-size:0.8rem;display: inline-flex;line-height: 1rem;background-color:rgba(29,161,242);'>T</a><a target='_blank' rel='noopener' href='https://t-namiki.net/'style='padding:0.2rem 0.4rem;border-radius: 3px;margin-right: 0.4rem; color: #fff;font-weight: bold; font-size:0.8rem;display: inline-flex;line-height: 1rem;background-color:rgb(88 81 81);'>W</a></dd><dt style='margin: 0;font-weight: bold;font-size: 0.8rem;background-color:#f5f5f5;'>カテゴリー</dt><dd style='margin: 0;font-size: 0.8rem;padding:0.2rem;'><a href='https://tackledb.uosoku.com/collection?cat=32'>バス釣り</a></dd><dt style='margin: 0;font-weight: bold;font-size: 0.8rem;background-color:#f5f5f5;'>対象魚</dt><dd style='margin: 0;font-size: 0.8rem;padding:0.2rem;'>ブラックバス</dd><dt style='margin: 0;font-weight: bold;font-size: 0.8rem;background-color:#f5f5f5;'>釣り場</dt><dd style='margin: 0;font-size: 0.8rem;padding:0.2rem;'>岩瀬ダム | <a href=' https://plus.uosoku.com/dw_ranking?wk=1&er=41.0'>宮崎県</a></dd><dt style='margin: 0;font-weight: bold;font-size: 0.8rem;background-color:#f5f5f5;'>ロッド</dt><dd style='margin: 0;font-size: 0.8rem;padding:0.2rem;'><span class='item-link' >スティーズ キングボルト(DAIWA)</span></dd><dt style='margin: 0;font-weight: bold;font-size: 0.8rem;background-color:#f5f5f5;'>リール</dt><dd style='margin: 0;font-size: 0.8rem;padding:0.2rem;'><span class='item-link' >ルビアス 2506H(DAIWA)</span></dd><dt style='margin: 0;font-weight: bold;font-size: 0.8rem;background-color:#f5f5f5;'>ライン</dt><dd style='margin: 0;font-size: 0.8rem;padding:0.2rem;'><span class='item-link' >キャストアウェイPE 20lb(SUNLINE)</span></dd><dt style='margin: 0;font-weight: bold;font-size: 0.8rem;background-color:#f5f5f5;'>ルアー</dt><dd style='margin: 0;font-size: 0.8rem;padding:0.2rem;'><span class='item-link' >オリカネ虫(O.S.P)</span></dd><dt style='margin: 0;font-weight: bold;font-size: 0.8rem;background-color:#f5f5f5;'>出典</dt><dd style='margin: 0;font-size: 0.8rem;padding:0.2rem;'><a target='_blank' rel='noopener' href='https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3HN1ED+78RVQQ+4H4K+644DU'>Osprey’s EYE</a></dd><dt style='font-weight: bold; font-size: 0.8rem;background-color: #f5f5f5;'><a href='https://tackledb.uosoku.com/' style='color:#546e80;text-decoration:none;'> powered by 魚速報</a></dt></dl></div></div>

Copyright © 2021 魚速タックルDB All Rights Reserved.

魚速報 釣果検索魚速プラス一時保存リストMyタックル図を作る プライバシーポリシー