魚速タックルDB

【並木敏成】七色ダム トップウォータータックル【YAMATO Jr】

【並木敏成】七色ダム トップウォータータックル【YAMATO Jr】
オーナー
並木敏成
SNS
TW
カテゴリー
バス釣り
対象魚
ブラックバス
釣り場
七色ダム(七色貯水池) | 和歌山県
ロッド
スティーズ C66M MACHINGUNCAST type-Ⅰ(DAIWA)
リール
SV ライト リミテッド 8.1R-TN(DAIWA)
ライン
FCスナイパー12lb(SUNLINE)
ルアー
YAMATO Jr(O.S.P)
出典
Osprey’s EYE

関連釣具情報

SVライトリミテッド | DAIWA
ノブS交換可淡水専用並木敏成が提案する更なる進化を遂げたSVコンセプトの進化形。並木敏成がSVコンセプトの新たな領域を自ら監修の元、提案する。まさにSVコンセプトとベイトフィネス機を両立させた。1/16oz5g前後の軽量ルアーから1oz仕様詳細■G1ジュラルミン製超高精度φ32SVスプール仕様G1ジュラルミン製の超高精度MAエアブレーキシステム採用。より太い糸を使用したベイトフィネスにも対応するラインキャパ。■高精度マシンカットエアメタルハウジングエアメタル(マグネシウム合金)をメインハウジングに採用し、セットプレートをアルミ製にすることで軽量かつ高い剛性を発揮してブレや歪みを抑制。■SVCONCEPT[SVコンセプト]「SV=」マグネット式ブレーキならではの実戦メリットを最大限に引き出したSVは、バックラッシュしにくい、楽にキャストが決まる…結果、よく釣れる!最小限のマグダイヤルの調整だけで、軽量リグから重量級ルアーまでを、文字通りストレスなく扱う事ができる。スプールを交換したり、サイドプレートを開けたりして、セッティングに時間を掛ける事もない。現存するベイトリールの中で、ルアーの守備範囲が一番広いSVは、オカッパリからボートまでスタイルやフィールドを選ばない。エアブレーキシステムが、マグネット式ブレーキの有効性を極限まで高めて、新時代のバーサタイルリールを完成させた。■エア…
YAMATO | O.S.P
フロントに掘り込まれた3つのカップ、顎から伸びたボード、そして2つのラインアイ。この奇怪な形状は全てのアクションにリンクしている。現状、ペンシルポッパーと呼ばれるルアーは細身のボディが一般的で、それに伴いカップのサイズも小さくなってしまう。従って、ベイトが逃げ惑うようなドッグウォークと、ソフトな捕食音でバイトに持ち込む能力には長けてはいるが、広範囲からバスをおびき出すアピール力という部分では見劣りしていた。そこでOPが目指したのは、ペンシルポッパーの長所を伸ばし、より強いアピール力を備え、誰にでも簡単に操る事のできるルアーの開発。
YAMATOJr. | O.S.P
モノの個性が薄れゆく時代、ジャンル的に性能が似通うペンシルベイト及びペンシルポッパーにおいて、独自のコンセプトを提唱し2006年リリースしたヤマトOS様々な誘いの要素を飛躍的に上げるためにヤマト譲りの新構造をjr専用に再設計し、これまでのトップウォータープラグには無い性能に行き着いた。また高いアピール力は広いウィードエリアでも広範囲からバスを引き付ける。逆に強いロッドワークでは、リアクション効果の高いポップ音とワイドなスプラッシュによりハイアピールな誘いを実現。ヤマトjrは日々進化するバスフィッシングの中で必要な盲点を突き、新たな戦略を提唱するNEWベイトである。
YAMATOJr.SPEC2 | O.S.P
スペック2はラトル音が効果的な状況に対応するためにボディ素材をボーンに変更。加えてフロントとセンターのウエイトをスチールからタングステンに変更し、ウエイトルームの左右から出るピンの長さ最短にすることで転がり音と強烈な重低音を発生する。YAMATOJr『ノーマルYAMATOJr
YAMATOSPEC2 | O.S.P
ノーマルYAMATOは求めた性能のために行き着いた、類を見ないボディデザインと、多彩で強いインパクトを与えるアピール力を搭載した新ジャンルのサーフェス・マルチアクションベイト。フロントと両サイドの3つのカップはワイドに大量のスプラッシュを飛ばし、ポップ音はバイト音に極めて近く広範囲まで響き渡ることで特にビッグバスに有効である。バスがスローで水面まで出にくい状況では上のアイ「ダイビングアイ」を使用し、ダイブを交えたドッグウォークやタダ巻きでのS字アクションで誘うなどバスの活性に応じてアクションを変えて攻められる。ノーマルヤマトに対して、スペック2はこれらの性能に加えて樹脂をボーン素材に変更。カラーリングの透明感は犠牲になるもののラトル音が効果的な状況に対応するために開発された。
スティーズレーシングデザイン(スピニングモデル) | DAIWA
イン(スピニングモデル)究極感度でしか獲れない魚は存在するあの名機で覚醒したアングラーに捧ぐ現代テクノロジーのダイワバスロッド最高傑作『Ultimate(=究極)』とは、まさにこのモデルのことを呼ぶ。高感度の限界は我々が想像する以上に、まだまだ遥か先に存在していたことを知る。一歩先、いや十歩先を走る未来のバスフィッシングロッド。もはや何者も追い付くことができない、いや、周回遅れを続出させるF1マシン。DAIWAは当時のフラッグシップシリーズ・バトラーに飽き足らず、さらなる格上にランクする“リミテッド”(=BA-LTD)と呼ぶシリーズを世に送り出したことをご存知だろうか。当時のバス業界における高弾性カーボンレースから頭一つ抜けた存在が魅せたのは、まさしくキャッチフレーズ通りの驚くべき感度と圧倒的な軽量感であったのは言うまでもない。まるで金属!!」赤羽修弥「従来より軽いリグが同じ感覚で操作できてしまう…」国内バスフィッシング草創期から活躍するリビングレジェンド・泉和摩らを第1世代とすれば、BA-LTDが発表された2000年代初頭に30歳の大台を超えるか超えないかにいたのが第2世代に属するのが彼ら。かつてBA-LTDの薫陶を受けてきた彼らだが、それにも増して驚きを隠すことはできなかったようだ。テクノロジー:ナノプラス/X45/3DX/エアセンサーシート(スリムフィット)適合ルアー::…
スティーズレーシングデザイン(ベイトキャスティングモデル) | DAIWA
シングデザイン(ベイトキャスティングモデル)=20204デビュー=20201デビュー究極感度でしか獲れない魚は存在するあの名機で覚醒したアングラーに捧ぐ現代テクノロジーのダイワバスロッド最高傑作『Ultimate(=究極)』とは、まさにこのモデルのことを呼ぶ。高感度の限界は我々が想像する以上に、まだまだ遥か先に存在していたことを知る。もはや何者も追い付くことができない、いや、周回遅れを続出させるF1マシン。それが『』というプロダクトデザインの極致だ。DAIWAは当時のフラッグシップシリーズ・バトラーに飽き足らず、さらなる格上にランクする“リミテッド”(=BA-LTD)と呼ぶシリーズを世に送り出したことをご存知だろうか。【ESS/AGS(エアガイドシステム)/Xナノプラス/X45/3DX/エアセンサーシート(ダブルトリガー)】【適合ルアー:ネコリグ/ワッキーリグ/ワッキージグヘッドリグ/スモールラバージグ/ダウンショットリグ/ノーシンカーリグ】:ベイトフィネスの進化がまたさらに加速「持ったとき、グリップとリールだけしか感じない。「水中の情報を何より正確かつダイレクトに伝えるこの能力は一度体験したら、もう離れることはできない」―かつてBA-LTDモデルを主軸に07オールスタークラシックを圧倒的スコアで征した橋本卓哉は、さらなる超絶感度を身に付けたに早くも執着を見せている。極端なテー…
スティーズ(スピニングモデル) | DAIWA
を突き進む。ゲームはナマモノ、重圧は糧として消化。最高峰、15年目のフルモデルチェンジ無限の可能性“X”が綴るSTEEZの真実弾性率レースはもはや過去の遺物極減樹脂量こそがブランクの“筋肉”今井亮介「は高弾性を示すテクノロジーではないことをまずは断言しておきたい」DAIWAバスロッド開発の司令塔、ロッドデザイナーの今井亮介はこう語り始める。カーボンシートの弾性率は『t(=トン)』が示す数字と共に高弾性化を示し、より硬くより軽くなることで感度を稼ぎ出すものと捉えられるのが一般的だった。「レジンと呼ぶ樹脂量の差がカーボンシートの性質を決める。DAIWAはカーボン繊維が密になる度合いを段階的に名付けた」レジンを削いだカーボン繊維は、いわばアスリートの筋肉へと近付ける。・・・ST陸のフィネスを司る新たなる守護神年々ハイプレッシャー化し続けるメジャーフィールドのオカッパリで釣り勝つ為の要素を凝縮し、スピニングタックルで扱うライトリグを1本でこなすことはもとより、バーサタイル性を兼ね備えたフィネスバーサタイル、それが、SCファイヤーフラッシュ。コンパイルXのチューブラーティップは軽量高感度である反面、強いティップが故に昨今の疑い喰いの弱いバイトを深いバイトには出来ず、強いティップだからこそスタックを躱す反面、小さな凹凸を感じにくいという部分があった。※ナノプラス・・・カーボン繊維を取りまと…
スティーズ(ベイトキャスティングモデル) | DAIWA
図になき道を突き進む。ギラついた眼差しを抑えて挑み、拓いた先に訪れるのは忘我熱狂、新たな地平。最高峰、15年目のフルモデルチェンジ無限の可能性“X”が綴るSTEEZの真実弾性率レースはもはや過去の遺物極減樹脂量こそがブランクの“筋肉”今井亮介「は高弾性を示すテクノロジーではないことをまずは断言しておきたい」DAIWAバスロッド開発の司令塔、ロッドデザイナーの今井亮介はこう語り始める。カーボンシートの弾性率は『t(=トン)』が示す数字と共に高弾性化を示し、より硬くより軽くなることで感度を稼ぎ出すものと捉えられるのが一般的だった。攻撃力を高める新型アングラーとロッド、直接の接点となるリールシートにもメスを入れ、21STEEZは攻撃の手を緩めない。ソリッドティップのベイトフィネスとなると喰わせ重視の柔軟なソリッドを想像させるが、ハーミットのソリッドティップは高弾性かつスティッフなソリッドティップを採用することで喰い込みとは一線を画した仕上がりとなっている。嘗てはタイニープラグといえばパラボリックに曲がるレギュラーテーパーのカーボンロッドという選択肢もあったが、その手のロッドは投げやすい反面ティップが硬く、タイトなルアーの動きを妨げ、バイト時に魚が反転する(ロッドが曲がりこむ)前にバレるケースやバットまで曲がりこむ分、主導権を握られたり重量級ルアーへの対応力に難があった。ヘビーワイヤー…
ブラックバスバス用トップウォーターバス用ペンシル
FacebookTwitterLINEURL
今日の釣果情報ランキング
埋め込む

埋め込みウィジェット

iframeタグが制限なく使える環境下でのみ動作します(アメブロなどのブログサービスでは使えない場合が多いようです)。

<iframe style="width: 775px;max-width: 100%;height: 477px;border: none;overflow: scroll;" src="https://tackledb.uosoku.com/embed/tackle?id=534" loading="lazy"></iframe>

画像をダウンロード

画像を直接利用する場合は必ず出典を明示するようお願いしますURLをコピー

画像を保存

HTML(画像)

<a href='https://tackledb.uosoku.com/'><picture><source type='image/webp' srcset='https://tackledb.uosoku.com/public/generatedimages/2021-12/534.webp'><img src='https://images.uosoku.com/public/generatedimages/2021-12/534.jpeg' width='360px' height='475px' loading='lazy' style='max-width: 100%;height:auto;border: thin rgb(215 211 211) solid;'></picture></a>

HTML(文付き)

htmlの改変は可ですが当サイトへのリンクを削除するのは禁止とします。

<div style='display: flex; flex-wrap: wrap;justify-content: center;align-items: flex-start;'><a href='https://tackledb.uosoku.com/'><picture><source type='image/webp' srcset='https://tackledb.uosoku.com/public/generatedimages/2021-12/534.webp'><img src='https://images.uosoku.com/public/generatedimages/2021-12/534.jpeg' width='360px' height='475px' loading='lazy' style='max-width: 100%;height:auto;border: thin rgb(215 211 211) solid;'></picture></a><div style='border: thin rgb(215 211 211) solid;max-width: 100%;'><dl style='text-align: center;margin: 0;width: 360px;max-width: 100%;'><dt style='margin: 0;font-weight: bold;font-size: 0.8rem;background-color:#f5f5f5;'>オーナー</dt><dd style='margin: 0;font-size: 0.8rem;padding:0.2rem;'><a href='https://tackledb.uosoku.com/collection?aid=88'>並木敏成</a></dd><dt style='margin: 0;font-weight: bold;font-size: 0.8rem;background-color:#f5f5f5;'>SNS</dt><dd style='margin: 0;font-size: 0.8rem;padding:0.2rem;'><a target='_blank' rel='noopener' href='https://twitter.com/TNamikiOfficial' style='padding:0.2rem 0.4rem;border-radius: 3px;margin-right: 0.4rem; color: #fff;font-weight: bold; font-size:0.8rem;display: inline-flex;line-height: 1rem;background-color:rgba(29,161,242);'>T</a><a target='_blank' rel='noopener' href='https://t-namiki.net/' style='padding:0.2rem 0.4rem;border-radius: 3px;margin-right: 0.4rem; color: #fff;font-weight: bold; font-size:0.8rem;display: inline-flex;line-height: 1rem;background-color:rgb(88 81 81);'>W</a></dd><dt style='margin: 0;font-weight: bold;font-size: 0.8rem;background-color:#f5f5f5;'>カテゴリー</dt><dd style='margin: 0;font-size: 0.8rem;padding:0.2rem;'><a href='https://tackledb.uosoku.com/collection?cat=32'>バス釣り</a></dd><dt style='margin: 0;font-weight: bold;font-size: 0.8rem;background-color:#f5f5f5;'>対象魚</dt><dd style='margin: 0;font-size: 0.8rem;padding:0.2rem;'>ブラックバス</dd><dt style='margin: 0;font-weight: bold;font-size: 0.8rem;background-color:#f5f5f5;'>釣り場</dt><dd style='margin: 0;font-size: 0.8rem;padding:0.2rem;'>七色ダム(七色貯水池) | <a href=' https://plus.uosoku.com/dw_ranking?wk=1&er=25.0'>和歌山県</a></dd><dt style='margin: 0;font-weight: bold;font-size: 0.8rem;background-color:#f5f5f5;'>ロッド</dt><dd style='margin: 0;font-size: 0.8rem;padding:0.2rem;'><span class='item-link' >スティーズ C66M MACHINGUNCAST type-Ⅰ(DAIWA)</span></dd><dt style='margin: 0;font-weight: bold;font-size: 0.8rem;background-color:#f5f5f5;'>リール</dt><dd style='margin: 0;font-size: 0.8rem;padding:0.2rem;'><span class='item-link' >SV ライト リミテッド 8.1R-TN(DAIWA)</span></dd><dt style='margin: 0;font-weight: bold;font-size: 0.8rem;background-color:#f5f5f5;'>ライン</dt><dd style='margin: 0;font-size: 0.8rem;padding:0.2rem;'><span class='item-link' >FCスナイパー12lb(SUNLINE)</span></dd><dt style='margin: 0;font-weight: bold;font-size: 0.8rem;background-color:#f5f5f5;'>ルアー</dt><dd style='margin: 0;font-size: 0.8rem;padding:0.2rem;'><span class='item-link' >YAMATO Jr(O.S.P)</span></dd><dt style='margin: 0;font-weight: bold;font-size: 0.8rem;background-color:#f5f5f5;'>出典</dt><dd style='margin: 0;font-size: 0.8rem;padding:0.2rem;'><a target='_blank' rel='noopener' href='https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3HN1ED+78RVQQ+4H4K+644DU'>Osprey’s EYE</a></dd><dt style='font-weight: bold; font-size: 0.8rem;background-color: #f5f5f5;'><a href='https://tackledb.uosoku.com/' style='color:#546e80;text-decoration:none;'> powered by 魚速報</a></dt></dl></div></div>

Copyright © 2021 魚速タックルDB All Rights Reserved.

魚速報 釣果検索魚速プラス一時保存リストMyタックル図を作る プライバシーポリシー