魚速タックルDB

バイオインパクト×おすすめタックル=リール・ライン・仕掛け等

【釣り百景】外房沖ライトヒラメタックル【松尾智佳子】
オーナー
松尾智佳子
カテゴリー
船釣り
対象魚
ヒラメ
釣り場
外房沖
ロッド
バイオインパクト ライトヒラメ 64 M225 RIGHT
リール
オシア コンクエスト 200HG
ライン
PE 1.5号
リーダー
フロロ 8号
コメント・インプレ
同行者は鈴木新太郎さん。片貝港の二三丸,大原港の松栄丸を利用。
詳しく見る

バイオインパクト 中深場 | SHIMANO

バイオインパクト中深場は、中深場の釣りにおいて操作性とクッション性を両立させたフラッグシップモデルです。X構造を搭載した軽量チューブラーティップは、ネジレを軽減し、アタリの感度を高めます。Xシートエクストリームガングリップは手首の負担を軽減し、タックルの性能を引き出します。スパイラルXコアとナノアロイ®テクノロジーにより、高強度化を実現しました。ネジリ強度は10%アップ、つぶれ強度は15%アップです。また、CI4+カーボン繊維も使用し、軽量化と強度を向上させました。チューブラー穂先も軽量で操作性に優れています。Xシートエクストリームガングリップは手のひら全体を包み込む形状で、疲労を軽減しタックルの性能を引き出します。ガイドにはチタンフレームSiCガイドが使用されています。73MH210は繊細な釣りを楽しめるモデルで、80〜150号のオモリを扱います。

バイオインパクト マルイカ | SHIMANO

シマノの最高峰の高感度マルイカロッド「バイオインパクトマルイカ」は、アクティブで快適なロッドコントロールを可能にする。操作性の違いは手にも現れ、指が痛くなる人にトリガーに人差し指または中指をかけるXシートフロントトリガーを試してほしい。穂先には最適な素材を採用し、ゼロテンション釣法に特化した82 SS155や目感度重視の73など、様々な特性のバリエーションがある。グリップも感度に優れ、操作性と情報量を増幅する。また、馴染んだフィーリングを保つため、ソリッド穂先の交換修理も可能。ロッドの基本構造も進化し、高強度化を追求している。バイオインパクトマルイカは、マルイカ釣りをより楽しくアクティブにするための優れたロッドだ。

NEW バイオインパクト ライトヒラメ | SHIMANO

シマノの新製品「バイオインパクト ライトヒラメ」は、操作性と感度を向上させた竿であり、海底の状況やヒラメの反応を探知するセンサーのような穂先を特徴としています。さらに、リールシートにはXシートテクニカルガングリップを搭載し、誰もが疲れずにパーミングできる形状になっています。感度と操作性の向上により、ヒラメ釣りをより楽しむことができます。

NEW バイオインパクト ヒラメ | SHIMANO

新たに登場したバイオインパクトヒラメは、操作性とバットパワーの両方を兼ね備えた竿です。特殊設計の穂先と軽量高感度ソフチューブトップを採用しており、操作性と感度を向上させています。さらに、Xシートテクニカルガングリップを搭載し、疲れ知らずの釣りを実現しています。このグリップは左右共用で、手首への負担を軽減すると同時に細かなロッドアクションも可能です。バイオインパクトヒラメは、ヒラメの反応を探知するセンサーとしての役割も果たしています。また、波や風の中でもブレずに海底の変化や魚信を感じ取ることができます。ヒラメ釣りの要件に応える高性能な竿となっています。

このページのタックルで釣れる魚

ヒラメ

釣れない理由

  • 腕が悪い、テクニックが無い(練習する)
  • 場所が悪い、ポイントが悪い(調べる)
  • 時期が悪い、時間帯が悪い(調べる)
  • 道具が悪い(それなりのものを揃える)
  • 運が悪い(祈る)

Copyright © 2021 魚速タックルDB All Rights Reserved.

仕掛け図・タックル図を作る魚速報 釣果検索魚速プラス一時保存リスト プライバシーポリシー